トレンドストライクFX 検証

MENU

ヘッジファンド流トレード手法のトレンドストライクFXを検証

6年連続で年間8000pips以上(年間利益6000万円以上)の実績を上げているヘッジファンド流トレード手法を公開したダイスケ氏。トレンド・ストライクFXはどれだけ優位性があり再現性の高い手法なのでしょうか?

 

販売会社はヒット商材を多数連発しているクロスリテイリング株式会社で、今回販売するトレンドストライクFXではヘッジファンドのトレード手法を個人トレーダーでも実践可能にシンプルにロジック化したノウハウということです。

 

そもそも年間平均800pipsを稼ぎだしているダイスケ氏とは誰なのでしょうか?概要を語っている動画では、FX-jinさんとダイスケさんは凄く仲の良いトレーダーのように紹介されていました。

 

ダイスケ氏はスキャルピングなど短期売買は苦手としている方で、スイングトレード中心にヘッジファンド流のトレード手法を確立しています。チャートに表示するテクニカル指標は移動平均線とパラボリックで、テクニカル分析とファンダメンタルを融合させたノウハウをトレンドストライクFXで公開しています。

 

ヘッジファンドと同じ目線でトレードが出来るのであれば、有利なトレードをすることができるのは確かです。

トレンドストライクFXをコンテンツ内容

トレンドストライクFXでは会員サイトへログインしてオンライン動画で勉強していきます。
下のキャプチャー画像は実際の購入者専用サイトです。

 

口コミで評判のトレンドストライクFXを検証して評価

 

・動画マニュアル(合計4時間30分)
・リアルトレード動画
・メール+動画サポート
・オンラインサポート
・会員専用メルマガ

 

【トレンドストライクFXの講座内容】

 

1章 ヘッジファンド流FX基礎講座
スイングトレード手法で勝率の高いエントリー方法

 

この章では、ダイスケ氏が過去に失敗してきた経験を活かした対策やFXで継続的に勝ち続けるための本質について解説しています。スイングトレードをする上での心構えや注意点などトレンドストライクFXのベースとなる知識を身につけていく内容です。

 

2章 マネーマネジメント(3つの重要事項)
スイングトレード手法で評判のオススメFX商材

 

ダイスケ氏といえば、リーマン・ショックの時に大きな損失を出した苦い経験を持ち、そういった経験を踏まえてマネーマネジメントについてはこの教材でもかなり力を入れている項目になっています。大きく3つのカテゴリに分けられて、マネーマネジメントの基礎から売買記録のとり方、応用的な考え方まで学習していきます。

 

3章 マインド(投資の鉄則9か条)
トレンドストライクFXの評判と実践した成績結果

 

スイングトレーダーとしてのマインドについても解説しています。投資の鉄則9か条では役立つ重要なノウハウを語っているので、繰り返し学習していく必要があります。どうしてもマインドやらマネーマネジメントといった内容は、FX初心者にとって退屈に感じるかもしれませんがFXで継続的に稼ぐために必要な知識になりますので飛ばさず本質を理解する必要があります。

 

4章 ヘッジファンド流テクニカル分析とファンダメンタルズ
トレンドストライクFXは勝てない?勝てる?

 

この章からダイスケ氏の実践的なトレード方法を勉強していきます。テクニカルとファンダメンタルを組み合わせるといっても難しいものではなく、ファンダメンタル分析はある1つのものに着目した方法が紹介されています。テクニカル分析に関しては、ダウ理論やグランビルの法則の起訴内容に加え、パラボリックと移動平均線の活用方法から相場の読み方まで具体的に解説しています。予想以上に充実している内容だと感じました。

 

5章 ダイスケ流トレードロジック
パラボリックの使い方とエントリー判断

 

この教材でメインとなるヘッジファンド流スイングトレード手法を解説しています。4章で相場背景の読み方を学習して、ここでは具体的なエントリールール、決済ルール、損切りルールを中心に解説しています。トレンドストライクFXの売買ルールでは、曖昧な表現もなくスイングトレード初心者でも再現性の高いロジックになっています。

 

6章 ダイスケ流トレード応用編
ダマシを回避する方法や負けない資金管理法

 

この章では5章で学習した基本ロジックから応用となるRSIの具体的な使い方から、サポートラインとレジスタンスラインを使用した相場の節目の活用法、そして複数時間足を活用したロジック精度を高める方法などを解説しています。その他、基本軸足の4時間足トレードではなく1時間足を使ったトレードチャンスの多い手法も公開しています。

 

ここまでトレンドストライクFXの講座部分を紹介しましたが、コンテンツはこれだけではなくトータル10回のリアルトレード動画もあります。
今のところリアルトレード動画は1本だけしかアップされていませんが、随時追加されていくようです。

 

実際の相場でダイスケ氏がどのように相場を読み、エントリーから決済(もしくは損切り)をしているのかを勉強できるリアルトレード動画は十分価値を感じられるはずです。なかなか一般トレーダーが年間6000万円以上も稼ぐプロトレーダーの手の内を見ることは出来ないので、それだけでも購入する意味はあるように感じています。

トレンドフォロー系のスイングトレード手法

スイングトレード手法のMT4インジケーターで取引する評判のトレンドストライクFXを検証

 

トレンドストライクFXのロジックは、トレンドフォロー系のスイングトレード手法になるので勝率はそこまで高くありません。

 

ファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせて、マルチタイムフレーム分析などで通貨ペアの環境認識(トレンド相場・レンジ相場・トレンド転換)を判断していきます。

 

基本的にはトレンド相場の押し目や戻しを得意とするロジックがベースになっていますので、小幅なヨコヨコ相場(レンジ)を苦手とする手法です。

 

トレンドストライクFXでは、1回の利益幅が平均でも200pips〜300pipsのスイングロジックで大きく稼ぐときには500pips以上を獲得するケースも有ります。その為、勝率がそう高くなくても十分な利益を残すことができます。

 

 

◆直近の成績結果

 

2014年8月 +384pips
2014年9月 +729pips
2014年10月 +636pips

トレンドストライクFXのメリット・デメリット

トレンドストライクFXの利点と欠点と思われる点を挙げていきます。

 

トレンドストライクFXのメリット

 

1.長期的に使える優位性の高いスイングトレード手法である
2.損小利大
3.押し目・戻しを狙ったトレンドフォロー手法
4.決済ルール・損切りルールが明確
5.スイングトレード初心者でもこの商材だけでマスターできる
6,スイングトレードなのでチャートに張り付く必要がない

 

 

トレンドストライクFXのデメリット

 

1,レンジ相場ではダマシになりやすい
2.スイングなのでトレード回数が少ない
3.ポジションの保有時間が長い

トレンドストライクFXの総評

ダイスケ氏のヘッジファンド流スイングトレード手法では、ロジックの優位性や再現性については高い手法だと評価します。

 

私も長年スイングトレードで利益を出し続けていますが、役立つノウハウも多くファンダメンタルとテクニカルを組み合わせた考え方もありだなと思いました。スイングの最大の魅力は損小利大で利益を最大化しやすく、1度エントリーをしてしまえば基本放ったらかしに近い状態で稼ぐことが可能です。

 

トレンドストライクFXのロジックは、1回のトレード平均が200pips〜300pipsの利幅でヘッジファンドの動きを利用していくので効率よく利益を獲得できる手法だと思います。

 

背景分析方法やトレードルールについては既に確立されているので申し分ないのですが、
スイングトレーダーの視点から少しダメ出しをさせていただくと、スイングトレード初心者の方のためにもっとレンジ相場のダマシを回避する方法をコンテンツとして追加するとより完成度の高い教材になると感じています。

 

トレンドストライクFXを検証した評価

 

トレンドストライクFXの検証結果と評価

当サイト特典

現役のスイングトレーダーとして稼ぐ私のノウハウをPDFにまとめたものを特典として提供します。

トレンドストライクFXでは、総評でも少し触れましたがダマシを回避するための方法が教材として少し弱いように感じています。そこで私が長年蓄積してきたスイングトレードノウハウと組み合わせることで、よりスムーズな取引が可能になるはずです。

当サイト特典の単体だけでも価値を感じられるはずです。

トレンド・ストライクFXの特典でキャシュバック以上に価値を感じる豪華特典になっています。


特典付きトレンドストライクFXの販売ページはこちら⇒


FXのスイングトレード手法を本気で勉強したい方には、トレンドストライクFXは役立つノウハウが満載です。ただロジックを知ったからといって明日から誰もが稼げるというものではなく、相場背景の読み方、トレードルール、資金管理など深く理解して実践レベルへアウトプットする努力は必要です。

本気で取り組める方には価値あるFX商材です。